素人による浮気調査の失敗例

パートナーが浮気をしていると確信してしまったら、居ても立っても居られないでしょう。
そして、「どうにかして浮気の証拠を突きつけたい!」と思いますよね?自分でも尾行して証拠となる写真は可能ですが、素人が浮気調査を独自に行うのは、高度な技術を備えたプロの探偵と違い、失敗のリスクが高く危険です。
それでは、素人が調査を行った場合の失敗例を紹介します。

自分で調査する場合、多くの人が決めるとするのが「尾行」でしょう。
その際に、見つからないように距離を空けたり、変装したりして塗ると思います。
しかし、現れるのを恐れて大して離れて塗りつけると見失ってしまうし、いかに変装しても、あなたの顔はとてもよく知られているので、バレてしまうことが多いのです。

また、車で尾行する場合は、車間距離が短かったり、急性車線変更が多かったりなど、無理な運転になって、交通事故を起こしてしまう危険もあります。
再度、よく知っている車を見かかけたら直ちにバレてしまうし、知り合いの車で尾行しても、不自然な運転をしていたら、バックミラーで見られてしまう。

パートナーと浮気相手が一緒に要る現場まで尾行できても、カメラで撮影する際に失敗してしまうことがあります。
それは、気づかれないように隠れながら撮影すると、パートナーと浮気相手の顔がきちんと撮れずに、浮気の証拠写真とみなされないことがあるからです。
また、カメラやスマホのカメラ機能の設定で、シャッター音がしてしまったりフラッシュをたいてしまったりして、浮気調査がバレてしまうこともあります。

このように、浮気調査は、さまざまな場面で高度な技術が必要になりますし、バレずに確実に証拠を捕らえるには、緻密な調査を長期間かけないといけないのです。
探偵や興信所の浮気調査は、素人と違い、当人に気づかれないで、確実に証拠を出せる技術があるので、プロに依頼することをおすすめします。

「探偵と興信所は料金設定が違う」と聞いたことがあるかもしれませんが、料金設定はそれぞれの会社の業務の内容によって違いがあるので、探偵と興信所のどちらかが短い、ということはありません。

また、探偵や興信所に依頼したいと考えていても、最も気になるのが調査料金でしょう。
しかし、探偵の調査費用は決まっているものではなく、依頼者の状況やどんな目的で調査してほしいのかなど、依頼者1人1人によって違いがあるので、必要な費用も大きく変わってしまう。
ただ、適正とされる調査料金の相場を挙げると、調査官が2名で動いた場合、1時間の料金が100005千円〜2万円くらいだと言われています。

調査料金にはどういう費用が含まれているかと言うと、結果によって払う「成功報酬」、賃金や深夜早朝エクストラチャージ、危険手当などの「調査料金」、リポートや証拠となる写真やビデオなどの製作費にかかる「手数料」、車両費や運賃、燃料費などの「諸経費」といった費用だ。

調査料金をプランで設定している業者も数多く、依頼者の状況に応じて選択できるようになっています。
用意されている料金プランには、「時間料金制」「パック料金制」「成功報酬制」があります。

「時間料金制」は、調査官が稼働した時間に応じて料金がまとまるプランだ。
例えば、1時間当たり7,000円に設定されていれば、調査官2人で5時間稼働した場合は、調査料金は7万円ということになります。

「パック料金制」は、「〇時間で〇万円」と払う料金が最初から決まっているので、費用が心配な依頼者にはおすすめです。

「成功報酬制」は、着手金を支払って契約して、調査が終了したら、その成功の程度によって成功報酬金が請求されるものです。
ただ、「成功」は、興信所や探偵側にとっての成功と、依頼者側にとっての成功で、感覚の違いが生じることが多く、トラブルが起こることもしばしばあります。www.katholiekeontmoetingen.nl